今日の所感

思ったことを書きます。

指摘のやり方

「ホウレンソウを行え!」と言う人に限って「ホウレンソウが行いにくい場」を作ってる感じがすごくしますね。

そもそも、報告も連絡も相談もチームとして動いているのであれば、自然と実行されているはず。

しかし、わざわざ口にして「ホウレンソウを行え!」という発言が生まれるのは、「ホウレンソウを行いにくい場」だから出てくるんだと思うんですよね。

ちなみに私が感じる「ホウレンソウの行いやすい場」は「失敗をすぐに報告できる場」だと思っています。

で、その「ホウレンソウの行いにくい場」にしている原因の一つに指摘のやり方があると思うんですよね。

特によく見る指摘のやり方として、行った相手の行動や考えに対して、「否定・批判」しかせず、相手を「尊重」しない。

と、言うことを無意識にやっている人が多いのでは無いですかね?

「指摘なんだから違う部分を直すためには当たり前の事じゃない?」
みたいなこともありますが、「否定・批判」ばかり行われると、「成功体験」が無くなり、なにが正しいことなのか分からなくなります。

「ここが違う、ここをこうすればもっとよくなる」だけでは相手のやる気を削いでしまいます。

じゃ、どうすればいいの?

続きを読む

「何でも聞いてね!」と言う割に、質問すると機嫌が悪くなる人

akurukurukuru.hatenablog.com

に、類似する話ですが、これも多い気がします。

続きを読む